日本語で法律相談できる韓国弁護士
チョイス法律事務所

Choiceは、

今後もクライアントの望みをよく聞き、問題を解決するために最善を尽くします。
規模の成長より力量の成長を目指しています。

일본어 법률자문

日本の弁護士。

韓国で日本語に堪能して法律に関連する問題を正確に解決くれることができる弁護士。

日本の不動産投資。

日本の不動産(建物、住宅、アパート、土地)に投資したいために助言を求め法に関する仕事を手伝ってくれる弁護士。

日本人刑事告訴。

刑事、民事訴訟をするべきなのに、日本人を相手に訴訟をかける助けを与えることができる弁護士。

日本の会社設立。

日本に会社設立、支店設置をし、ビジネスを拡大したいと思うときに助けを与えることができる弁護士。

日本人離婚。

日本人の配偶者と離婚訴訟の際の事件を解決してくれる韓国語と日本語が堪能な弁護士。

韓国語日本弁護士。

その他、日本の資産管理、財産相続、債権回収、TAX問題(消費税、所得税、法人税、相続と贈与税など)について、日本弁護士との協業を通じてワンストップでソポトゥすることができる弁護士。

企業・不動産 / 訴訟及び諮問

多数の外国(日本)会社と個人事業者に対して定期的·一時的な諮問を行っています。韓国の公正取引法独占規制法関連の諮問、韓国の上場企業のM&A諮問を含め、韓国の個人情報保護法や情報通信網法、韓国の勤労基準法及び勤労規則、労使関係、韓国の消費者保護法令の検討、払い戻し政策の問題、韓国企業との契約関連紛争などについて諮問します。

韓国内における不動産の売買賃貸借契約に関する紛争、不動産の引渡し、侵害排除·除去請求、韓国内の建築関連訴訟、知的勉強整理、保全処分(仮差押·差押)、韓国不動産登記など、不動産関連法律サービス全般を行います。加えて、様々な実務経験を通して独自のデータを構築した在日韓国人対象の"先祖代々の土地探しサービス"を実施します。

韓国内外国人(日本人)・会社 / 訴訟と諮問

Choiceは、設立以来、外国人(日本人)及び外国企業の案件に特化してきました。相談や諮問業務全般を法的知識を持った弁護士と担当職員が、直接英語と日本語で行います。国際取引過程において発生するすべての法律事件の訴訟内·外的解決はもちろん、韓国国内での市場性検討、韓国国内での法人設立を含む市場参入から事業を営む過程で随時発生する法的リスクの検討と諮問だけでなく、韓国国内の外国人投資法人の設立、変更などに関する商業登記、日本人役員のビザ発給、外国人投資法人の運営時に発生する様々な韓国国内の付加価値税、法人税、所得税、日本国内の消費税の零細率申告など、細部領域の諮問と処理代行、外国人投資法人の処理、外国人投資法人の役割を担っています。

韓国内の一般訴訟(民事、家事、刑事、行政)と強制執行

choiceは外国人や外国企業が韓国国内で行っている一般訴訟事件で、①未払い物品代金·未収金取立て、不法行為に基づく損害賠償請求、不当利得金返還請求を含む契約の不当破棄、または契約終了以降の紛争に関する民事訴訟、②韓国人配偶者相手の裁判上の離婚請求、養育費審判請求、強制認知、調停離婚などの申請事件、③韓国人に対する刑事詐欺罪、横領罪、性犯罪、名誉毀損罪の告訴及び陳述代理などの刑事手続きの対応、④韓国内ビザ発給、延長、更新拒否処分に対する取消訴訟など、行政訴訟の経験が豊富です。特に、訴訟以外にも韓国における内容証明の発送など、訴訟前の段階の準備、支払命令等の簡易督促手続き、訴訟外の和解(韓国人韓国企業との合意、示談)から訴訟終了後の韓国人韓国会社に対する債権差押·取立てなど、韓国法による強制執行まで包括的に検討し、必要なすべての法的手続きをワンストップで行います。ソウルのビジネスの中心地である鍾路区光化門地域に位置する弁護士事務所において、主に外国人事件を管轄する韓国ソウル中央地方裁判所やソウル家庭裁判所、ソウル中央地方検察庁、出入国管理事務所の他、韓国全地域の事件に迅速かつ正確に対応しています。

国際租税

choiceは国際租税イシューに関する経験が豊富な専門家ネットワークを保有しています。多様かつ複雑な国際取引を検討し、依頼人に最も合理的な租税対応、節税計画樹立に適切な諮問を提供するとともに、国内外課税当局の業務手続き調査および紛争解決に対応しています。韓国に投資した外国人投資企業だけでなく、海外に進出する韓国企業の海外特殊関係取引に対しても包括的な国際租税諮問を提供するとともに、全世界の専門家との交流と業務経験を拡大しています。主要案件は韓日租税協約による所得税などにおける韓国の非居住者に対する二重課税問題や外国人投資企業の移転価格問題に対する諮問、事後の韓国内租税不服手続き(税務署長または地方国税庁長に対する異議申し立て、韓国国税庁長や監査院に対する審査請求、韓国租税審判院を相手取った審判請求、裁判所に対する行政訴訟)などです。

韓国、日本、中国などアジア地域に対する海外投資諮問

Choiceは、「成し遂げる」をスローガンに法律事務所として基本に忠実に。しかし、単なる法律事務所にとどまらず、世界をつなぐハブとなることを目指し、クライアントと世界をつなぐ窓口になるために精一杯努力します。英語·日本語が通じる韓国弁護士·韓国弁理士·韓国税理士が、世界各国の専門家とコラボレーションを行っています。

特に、韓国、日本、中国の不動産投資関連業務(海外不動産に関する現場調査および収益性の検討、資金調達関連コンサルティング、収益型ビル売買契約の検討など)、韓国の仮想通貨取引所などで発生する仮想通貨の買収、売渡(財政取引)に関する諮問を受けており、北朝鮮法に関する知識を基に北朝鮮投資法制や北朝鮮投資情報について、英語や日本語による諮問に対応が可能です。

国際相続、家族信託、家業承継

相続は重要な老後設計であり、人生設計であると同時に、民事信託(家族信託)は定型化した相続法の硬直性を避ける有用な手段となっています。Choiceは、韓国国内で起こる遺産紛争事件はもちろん、複数の国に財産を持つ在日韓国人、在米韓国人の事例など、多数の国際相続事件(遺留分返還請求、協議段階を含む相続財産分割審判請求などの法的手続き、寄与分審判請求、相続権侵害による相続回復請求訴訟)を行い、専門性を高めてきたほか、法律、税務などの関連争点を総合的に検討し、依頼者の計画樹立と実現を積極的に支援しています。

日本語、英語での相談可能な弁護士、弁理士 - CHOICE LAW

CHOICE-LAWは、日本語、英語での法律顧問が可能であり、訴訟や交渉などの全般的な手順で、外国語での代理人としての役割を行うことができます。

韓国に居住する日本人または英語を使用する外国人のみならず、韓国人の個人や韓国企業が外国で法的支援を必要とするとき、当所の幅広いグローバルの専門家(日本、台湾、タイ、ベトナム、中国弁護士、弁理士)とネットワークを利用して、ワンストップで依頼人をソポトゥています。

特に、日本の場合、日本弁護士、日本の弁理士、日本の司法書士や行政書士、日本の税理士、日本の会計士などの各職域の専門家のプールを地域別に確保しており、より効率的で合理的なサービスの提供が可能です!いつでもお問い合わせください。

私たちは、あなたのビジネス、VISA、および家事の法的パートナーになることに専念しています。

Contact

No. 1511, 92, Saemunan-ro, Jongno-gu, Seoul, Republic of Korea

Tel (한국어): 02-6405-9818
Tel (日本語, English) :050-5578-5507
Mail: info@choice-law.com
Fax: 02-6405-9819

Links

Business Affair
VISA
House Affair
International Affair

Business Info

代表者名:チェヒョンユン
商号:弁護士チェヒョンユン法律事務所
事業者登録番号:546-32-00389

Copyright © Choice Law 2021​. All Rights Reserved.